Santa Claus からの贈り物
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きる

種の落ちる場所


「種は落ちる場所を選べない

砂の上に落ちても

岩山に飛ばされても

豊かな土地の土の上に落ちても

種のその後はひとつ

ただ 芽を出して、 伸びるだけ


砂の上の種は 水を求めて苦労する

けれど 根を深く伸ばすことで 強くなってゆく

岩山の種も最初から困難

隙間を探して 根を拡げて

曲がりながら伸びてゆく

そのぶん しなやかに 強靭に

豊かな土地なら 生きるのは楽

根はすくすくと伸び 曲がりもしない

でも 嵐や風雪 渇水

あっけなく枯れることもある

苦労がないぶん 強さもないから


どんな場所に落ちるかは 種の運命

そこで とにかく 生きる

花を咲かせるために」

(中村庸夫 秋月菜央著  幸せになれる場所 株式会社 経済界 2007)


花を咲かせるためには、水や肥しが必要・・・・・

大切な人のためには、そんな存在になりたいなぁ~

そして、チャンス・・・・

傷つくことだってある、失敗することだってある、恥をかくことだってある・・・・

1歩を進めるのは・・・・それは 勇気が決めること。

だから、その勇気を応援します。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 Santa Claus からの贈り物. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。